福岡・仙台・東京を経て、2013年8月より故郷鹿児島暮らし。ビビッときたことを記録します。


by vivian_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

パラゴンのしろくま

ことし初、パラゴンのしろくま
e0145589_17294378.jpg
フワフワ氷とたっぷり練乳で、美味しいー、
e0145589_17300767.jpg
宇治ミルク金時も絶品でした。
e0145589_17303126.jpg
夏が始まりました。

# by vivian_y | 2017-06-28 22:29 | 鹿児島・グルメ | Comments(0)

佐藤錦

山形からさくらんぼが届きました。
e0145589_22295666.jpg
こんな大きくてきれいな佐藤錦は、鹿児島ではなかなかお目にかかりません。
仙台時代、さくらんぼ狩りで飽きるほど食べたことや、さくらんぼが余ってジャムを作ったことを思い出すと、贅沢だったなー。
美味しくいただきました。

# by vivian_y | 2017-06-27 22:29 | 東北・グルメ | Comments(0)

鹿児島案内2日目

霧島の家から1時間弱、
霧島市福山町の坂元醸造の壺畑へ
桜島と壺畑の景色は素晴らしい!
e0145589_00214709.jpg
年に春と秋の2回の仕込みの最中でした。
黒酢は壺畑に並べた陶器の壺に原料の蒸し米、米麹、地下水のみを仕込み、1年以上発酵・熟成させて造られます。二百年続いた製法だそう。
e0145589_00220623.jpg
垂水市の森伊蔵酒造に立寄りました。
幻の焼酎・森伊蔵は小さい蔵で少量生産の為、入手困難。こちらでは電話抽選販売の案内のみ。
e0145589_00222600.jpg
道の駅たるみず
足湯に浸かりながら桜島を眺めようと思いましたが、火山灰が降ったり舞ったり…、あわてて車へ戻り桜島の中へ。
e0145589_00223820.jpg
黒神埋没鳥居は、大正3年の大噴火で噴出した大量の火山灰や軽石に埋め尽くされ、たった1日で3メートルあった鳥居が約1メートルを地上に見せるのみに。
e0145589_00224778.jpg
烏島展望所
ここはもともと海に浮かぶ島でしたが、大正大噴火の溶岩が海を埋め立て烏島を飲み込みました。
100年以上前は島だった場所です。
e0145589_00230642.jpg
湯之平展望所
標高373メートル、桜島で一般の人が入れる最高地点。
目の前に迫る山肌は迫力満点!
e0145589_00231949.jpg
「カフェしらはま」でランチ
農家が経営する海のそばのカフェで、オーガニック食材や地元の食材にこだわった体に優しいランチでした。
地元の情報番組によく出ていて気になっていました。なんと前日にはガイアの夜明けの撮影があったそうです。
サービスで頂いた桜島名産の枇杷が甘くて絶品でした。
e0145589_00234036.jpg
フェリーで桜島をあとに。
この日の朝爆発的噴火があり火山灰まみれの桜島でした。これもいい思い出…⁈

e0145589_23285979.jpg
鹿児島を代表する観光地・名勝 仙巌園(せんがんえん)
1658年に造園された薩摩藩主島津氏の別邸跡
e0145589_00241311.jpg
桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた雄大な景色が最大の魅力。大好きな景色です。
e0145589_00243201.jpg
仙巌園5haの敷地にある江南竹林は、日本の孟宗竹のはじまり。
e0145589_00245493.jpg
ツワブキの葉に火山灰が積もってました。
e0145589_00251209.jpg
仙巌園の前にある異人館(旧鹿児島紡績所技師館)は、日本初の洋式紡績工場の建設と操業指導のために薩摩藩から招かれた英国人技師逹が暮らした洋館は、世界遺産です。

2日間鹿児島を案内しました。又是非鹿児島へ来て頂きたいです。
この後ご夫婦は、長崎へ行かれました。


# by vivian_y | 2017-06-25 11:20 | おでかけ:鹿児島時代 | Comments(0)

鹿児島案内初日

先日、相方の友人夫婦が東京から遊びにいらっしゃいました。
ご夫婦とも初めての鹿児島、
初日は霧島観光へ。

10時40分鹿児島空港着
e0145589_23492685.jpg
空港から10分弱の嘉例川(かれいがわ)駅へ

JR肥薩線の駅で明治36年(1903)年1月15日に開業。開業以来の木造駅舎は国の登録文化財です。

e0145589_23500724.jpg
塩浸(しおびたし)温泉龍馬公園
坂本龍馬が妻・お龍さんを連れて、日本最初の新婚旅行で訪れた霧島で、もっとも逗留したとされる温泉
e0145589_23503038.jpg
緑と天降川(あもりがわ)がとてもきれいでした。
e0145589_23504705.jpg
丸尾滝
高さ23メートル、幅16メートルの豪壮華麗な滝は、近くの温泉水を集めて流れる珍しい湯の滝です。

お気に入りのお蕎麦屋さん、がまこう庵で昼食、
霧島からすぐなのに宮崎県、
美味しい蕎麦と初めての宮崎県に喜ばれていました。
e0145589_23493575.jpg
霧島神宮
建国神話の主人公である瓊々杵尊(ニニギノミコト)を祀っている霧島神宮は神話にも深く関わる神宮で、鹿児島県屈指のパワースポットで大好きなところ。
e0145589_23494341.jpg
高千穂河原
霧島神宮の古宮跡と鹿ケ原でミヤマキリシマを楽しみました。
ビジターセンターから、高千穂峰頂上の天の逆鉾が見えたような、
e0145589_23540452.jpg
ご近所さんのツツジ、
見頃でとてもきれいでした。
e0145589_23542470.jpg
霧島の家に到着。
温泉にゆっくり浸かって頂き、鹿児島の食材でおもてなししました。
お客様のリクエストでモーツァルトを大音量、高千穂峰を眺めながら楽しい晩餐でした。

# by vivian_y | 2017-06-22 18:00 | おでかけ:鹿児島時代 | Comments(0)

鹿ケ原

ちょっと間があきましたが、前回の続きです。
e0145589_23323830.jpg
中岳中腹探勝路に行った後、
高千穂河原から徒歩五分の霧島神宮古宮跡へ。
4月の高千穂峰登山の時は何も咲いてなかったのに、ミヤマキリシマがきれいに咲いていました。
e0145589_23342534.jpg
古宮跡から平坦な道を十分強歩いた先は、鹿ケ原
e0145589_23350728.jpg
天国じゃ〜
e0145589_23354616.jpg
自生の株が一面広がっていて
e0145589_23360523.jpg
とてもきれい。
5月31日の景色でした。

感動したので翌週東京からの友達を案内しました。
e0145589_23371678.jpg
鹿ケ原はミヤマキリシマの見頃を過ぎていましたが、
e0145589_23383879.jpg
高千穂峰は見頃。
山頂がピンクに染まっていました。


4月に高千穂峰登山した時は平日で駐車場は二、三台しか停まっていなかったのに、ミヤマキリシマの季節は満車で臨時駐車場に案内されました。

# by vivian_y | 2017-06-19 23:32 | 霧島ライフ | Comments(0)

中岳中腹探勝路

ミヤマキリシマを見に、霧島連山、中岳中腹探勝路へ。
e0145589_22511810.jpg
見頃は過ぎていましたが、

e0145589_23304379.jpg
e0145589_22542829.jpg
自生のミヤマキリシマがとてもきれいでした。

e0145589_23241928.jpg
紫紅色が多いですが、桃色や淡紅色の花もありました。
e0145589_22534734.jpg
中岳中腹から望む高千穂峰
e0145589_23090004.jpg
中岳中腹から望む中岳山頂
e0145589_22554230.jpg
高千穂河原から往復1時間、楽しいハイキングでした。
e0145589_22561679.jpg
あっ、もののけの森みたい。
# by vivian_y | 2017-06-03 22:50 | 霧島ライフ | Comments(0)

母の日

母に感謝をこめて胡蝶蘭をプレゼント
e0145589_23072365.jpg
ちょっと元気のない母に、元気の出るビタミンイエローを選びました。
鮮やかな黄色に玄関も華やかになりました。


# by vivian_y | 2017-05-14 23:06 | etc. | Comments(0)

和気公園 藤まつり

GW、和気公園の藤まつりに行ってきました。
一昨年行った時は四分咲きでしたが、

e0145589_23391337.jpg
今年は満開。
e0145589_23363170.jpg
藤のカーテン
e0145589_23353182.jpg
紫、白、ピンクの藤がきれいできれいで…
e0145589_23354882.jpg
藤の甘〜い香りに癒されました。


e0145589_23370738.jpg
和気神社でお参り
e0145589_23452973.jpg
見開きのご朱印、頂きました。

# by vivian_y | 2017-05-07 23:34 | おでかけ:鹿児島時代 | Comments(0)

天草・崎津集落

小浜温泉のオレンジベイには、天草経由で向かいました。
途中、天草の崎津集落を散策しました。

厳しい禁教下に、日本の伝統宗教とキリスト教が共存しながら信仰を継続した潜伏キリシタンの集落として高く評価されている集落です。
e0145589_22042520.jpg
ひっそり漁村に佇む崎津教会。
教会の周辺一帯は、「日本の渚百選」「日本のかおり風景100選」「国の重要文化的景観」に選ばれているそうです。
e0145589_22045310.jpg
現在の建物は昭和9年、フランス人司祭ハルプ神父の時代に再建されたもの。
ステンドグラスが素敵。
e0145589_22103266.jpg
集落の中心の通りには、崎津諏訪神社と崎津教会があります。
e0145589_22105157.jpg
諏訪神社の狛犬、かわいい。
e0145589_22053802.jpg
海に出るための小路のトウヤ
e0145589_22061062.jpg
お正月でもないのにしめ縄が飾られている家が何軒もありました。
これは、江戸時代わが家はキリスト教ではないということを示す為に飾られていて、その名残として残っているそうです。
e0145589_22110396.jpg
名物の杉ようかん、
あっさり味のようかんは2個入って150円。

世界文化遺産候補の崎津は、とても素敵な場所でした。

e0145589_22112982.jpg
崎津集落から30分強、丸健水産さんで昼ごはん。
福岡時代、毎年イルカウォッチングに行っていたお店。
今が旬の天草の生ウニがたっぷり、
ウニの下のご飯は、ウニを炊き込んだウニ炊き込みご飯にウニそぼろ、又ウニ炊き込みご飯と三層になっていました。絶品。
e0145589_22115776.jpg
天草いいとこ。

# by vivian_y | 2017-05-06 22:03 | 旅行 | Comments(0)

オレンジベイの食事

オレンジベイでは、お部屋で贅沢寿司プラン。
e0145589_00115264.jpg
旬のネタを使った寿司と地魚のお造り
e0145589_00121833.jpg
あらかふのあら煮
e0145589_00124207.jpg
季節野菜と魚介の天ぷら
e0145589_00130333.jpg
お腹いっぱいだったので、スイーツは翌日に。

朝食は、
e0145589_21215748.jpg
朝食専用レストランで海を眺めながら、
e0145589_00132755.jpg
焼きたてのパンに、温泉卵をのせたレンズ豆のスープ。
サラダはコーンのドレッシングをかけて。
味も量も程よく、好みの朝ごはん。

大満足の食事でした。
ホテルの周りには、長崎ちゃんぽん、蒸し釜、フレンチ、居酒屋…とあるので、外で夕飯も楽しいかも。

古い外観と小さなフロントには一瞬テンションが下がりましたが、その分素敵な部屋と海が目の前の露天風呂、美味しい食事でリーズナブル、また行きたい、お気に入りのお宿になりました。



# by vivian_y | 2017-05-04 23:11 | お宿 | Comments(0)