福岡・仙台・東京を経て、2013年8月より故郷鹿児島暮らし。ビビッときたことを記録します。


by vivian_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

徳富蘇峰・蘆花のふるさと

昨年のNHK大河ドラマ「八重の桜」で、徳富蘇峰・蘆花兄弟のことをいろいろ知り、少し興味をもちました。
水俣市は徳富兄弟の生まれた町。 偉大なジャーナリストだった蘇峰は7歳、小説「不如帰」の作家・蘆花が2歳まで過ごした生家を見学しました。1790年建築の町家造りは熊本県最古という建築史的価値を持ち合わせているそう。
e0145589_2215773.jpg
桜満開の水俣川沿いにある蘇峰記念館にも行きました。
e0145589_2215689.jpg
新島襄と共に同志社の創立者である蘇峰は、身長180cmを超える大男だったそうです。
e0145589_2215629.jpg

by vivian_y | 2014-04-03 22:15 | おでかけ:鹿児島時代 | Comments(0)