福岡・仙台・東京を経て、2013年8月より故郷鹿児島暮らし。ビビッときたことを記録します。


by vivian_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:震災生活( 28 )

3.11

東日本大震災から6年経ちました。
あっという間、でした。
特集番組を観ながら、いろいろ思い出しました。
e0145589_19295092.png
テレビで観た、岩手県陸前高田市の奇跡の一本松、
2キロに渡って7万本植えられていた松が津波にのまれ、たった一本に。
その奇跡の一本松も平成24年5月に枯死が確認されました。
震災からの復興のモニュメントとして保存することになり、レプリカが作製されました。

写真は震災後の7月、陸前高田を訪ねた時に写した一枚、
その時のBlog →
ビビBlogのプロフィール画像です。
あの日のことを忘れないように。




by vivian_y | 2017-03-11 23:29 | 震災生活 | Comments(0)

3.11

東日本大震災から4年経ちました。
14:46黙祷…、
犠牲者の冥福と復興を祈りながら、あの日のことがいろいろ思い出されました。
久しぶりに開けた箱。
中に入っているのは当時の新聞に、宮城の地方紙・河北新報の特別報道写真集…。
テレビが映らず、翌日新聞を見て被害の大きさに驚きました。
いつまでもあの日のことを忘れないように持っていようと思います。
e0145589_0452496.jpg

by vivian_y | 2015-03-11 23:46 | 震災生活 | Comments(0)

3.11

あの日から3年が経ちました。
毎年14:46に黙祷しながら、あの日のことが思い出されます。 

テレビで観る被災地は、まだ復興していないところがあり胸が痛くなります。
復興を願い、最近復興支援の商品をネットで購入しています。
ホワイトデーには気仙沼で大人気のGOTTOを購入しました。

お気に入りは、石巻のママが作るコットンパールのブレスレットです。
震災後、仕事を失ったママ達が作ったもの。
チャームの「I」は「Ishinomaki」の「I」。
ゴムで着脱も楽チン、何よりとてもかわいい♪
復興を願い大切に使いたいと思います。
e0145589_23132158.jpg

by vivian_y | 2014-03-13 23:13 | 震災生活 | Comments(0)

3.11

東日本大震災から2年…、経ちました。
テレビで特集番組を観る度に涙が止まりません。

会社で、14:46に黙祷しました。
雪の中何時間も買い物に並んだことや、お風呂にずっと入れなかったこと…、いろいろ思い出しました。
辛かった。

2年前のあの日、陶芸教室の帰り道で被災しました。
その時、一緒にいた友達が教室から持ち帰った完成したばかりの友達の作品。
教室ではたくさんの作品が棚から落ち、割れたそうです。あの日教室に行かずおいたままだったら、この器も割れていたに違いない。
色も大きさも私がとても気に入っていたところ、プレゼントして下さいました。
あの日のことを思いながら、大切に使っています。
e0145589_17204444.jpg

by vivian_y | 2013-03-11 23:05 | 震災生活 | Comments(0)

3.11

あの日から、1年…。
全国各地で、追悼が行われました。

外出するのが、怖くて…、今日は外出せず一日家にいました。
14:46、黙祷しながらいろんなことが思い出されました。
テレビを観て初めて知ることも多々ありました。
3.11忘れてはいけない、つくづく思った一日でした。

e0145589_21194059.jpg1年前の夜、渋滞の中ようやく帰りつき、相方と食べた食事は、
いちご煮とそうめんでした。
いちご煮、三陸海岸の名産でウニとアワビの吸い物。
岩手で買ってきていて、缶詰がありました。
水道もガスも使えないその夜、カセットコンロで、いちご煮を温め、そうめんを入れて食べました。
とても美味しく、忘れられない味。
今夜もいちご煮、1年ぶりの味に胸が熱くなりました。
by vivian_y | 2012-03-11 21:19 | 震災生活 | Comments(0)
昨夜は、先月まで一緒に働いていた友達が遊びに来てくれました。
今日は、台風の影響で大雨の中、おでかけしました。
どうしても最後に会いたかったんです。
先日お宅にお邪魔したmamahaseさん
会うの2回目なのに、もうお別れランチなんですぅ007.gif
e0145589_22275975.jpg
伊太利庵KOSETSUで、いろいろおしゃべりしながらお蕎麦のパスタを頂きました。

e0145589_22281188.jpg







e0145589_22282476.jpg

cafe tant pour tantで、パフェを食べながら又おしゃべり。
季節のパフェは、パイナップル。ラム酒をかけて大人の味でした。



こ~んな素敵な一輪差しを頂きました。地震でも壊れないように…と、錫製でした。ありがとうございます。
e0145589_22283588.jpg
震災がなかったら、出会わなかった人たち…。
仙台を離れてもお付き合いしていきたいな。
by vivian_y | 2011-07-20 22:32 | 震災生活 | Comments(0)

復興の兆し

お祭りの翌日、祭り見物した5人で三陸海岸へ行きました。
橋が寸断されていた南三陸町と気仙沼間の県道には、仮の橋ができていました。
大谷海岸の道の駅は、プレハブで営業中。
ウニとアワビのおにぎりがなんと、150円。とっても美味しかった。

先月末再開された気仙沼港には、たくさんの漁船が…。
復興を感じました。
e0145589_2253827.jpg

岩手県陸前高田市の奇跡の一本松。
e0145589_2243892.jpg
高田松原は2キロに渡って、7万本の松が植えられていました。その松原が大津波に飲まれたった1本に…。
津波の塩害で茶色く変色し心配されていましたが、接ぎ木が成功しました。この一本松は復興のシンボル。
一本だけ残った松に、とても感激しました。大切な写真になりました。

大船渡市の碁石海岸の展望台からの景色。
青い海が輝いていました。
碁石みたいな扁平な黒い砂利のある碁石海岸の砂浜はがれきが打ち上げられていました。
e0145589_22251286.jpg
穏やかな海。
e0145589_2225271.jpg

あの日から4ヶ月以上経ち、まだ何も変わらない場所もあり涙しましたが、確実に復興に向かっていると思いました。
by vivian_y | 2011-07-18 22:31 | 震災生活 | Comments(2)

素敵な出会い

今日はとても楽しい一日でした。
2月にこのブログにコメント下さったmamahaseさん、その後何度かコメント交換している時の、震災。
非公開コメントで、安否確認に始まり情報交換、そして温かいコメントに元気づけられました。
メール交換を始め、今日とうとう会うことに…。
大変だった震災ですが、不思議で素敵な出会いもありました。
mamahaseさんのブログで見る、お庭の花々を見たくて図々しくもお邪魔しました。
私には名前もわからないたくさんの木々に感動。左はスモークツリー。
e0145589_04666.jpg

お菓子を頂きながらのおしゃべりは、共通な話題も多く初対面だったのに話が尽きず、気づいたらもう夕方!びっくり!
e0145589_042567.jpg


このご縁は大切にしたいな。
e0145589_044136.jpg
by vivian_y | 2011-07-02 00:13 | 震災生活 | Comments(1)

派遣アルバイト終了

震災のあと家に一人でいるのが怖くて、以前勤めていた会社の東北支社に電話し、翌日3月24日から派遣で働き始めました。
まだガスが使えず、買い物もままならない時期でしたが、地震関係の仕事でとても忙しく一日があっという間。気が紛れました。
GWも、土曜日も働いた日もありましたが、毎週のように全国から来る応援者の中には、10年以上ぶりに会う人など、とても懐かしい顔がありました。
その仕事が今日で終わり。
まだまだ仕事は続きますが、事情があって辞めることになりました。
最終日、お花を頂きました。
短期の仕事だったのに、びっくり!嬉しい!ありがとうございました。
仙台の友達もでき、忙しくも楽しい3ヶ月でした。
e0145589_2259634.jpg

by vivian_y | 2011-07-01 23:00 | 震災生活 | Comments(0)

奇跡の缶詰

先日楽天戦を観にKスタに行った時見つけた「奇跡の缶詰」。
震災で被災した石巻の「木の屋」さんが、津波で壊滅した倉庫から持ってきた缶詰です。
震災で跡形もなくなった場所から瓦礫や泥、海水にのまれた商品を拾い集められた、まさに「奇跡の缶詰」。
缶はラベルがはがれ、凹み、傷があっても中身は変わらない。
4個で1,000円でした。
中身は金華さばの水煮とさばみりん、さんまの水煮、カレイの縁側。
とっても美味しかった。
e0145589_21121258.jpg
会社、工場共に津波で流され、今は製造・発送ができない状態みたいですが、復興したら、石巻へ直接買いに行きたいと思います。
by vivian_y | 2011-05-22 21:12 | 震災生活 | Comments(0)