福岡・仙台・東京を経て、2013年8月より故郷鹿児島暮らし。ビビッときたことを記録します。


by vivian_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:おでかけ:鹿児島時代( 80 )

鹿児島案内2日目

霧島の家から1時間弱、
霧島市福山町の坂元醸造の壺畑へ
桜島と壺畑の景色は素晴らしい!
e0145589_00214709.jpg
年に春と秋の2回の仕込みの最中でした。
黒酢は壺畑に並べた陶器の壺に原料の蒸し米、米麹、地下水のみを仕込み、1年以上発酵・熟成させて造られます。二百年続いた製法だそう。
e0145589_00220623.jpg
垂水市の森伊蔵酒造に立寄りました。
幻の焼酎・森伊蔵は小さい蔵で少量生産の為、入手困難。こちらでは電話抽選販売の案内のみ。
e0145589_00222600.jpg
道の駅たるみず
足湯に浸かりながら桜島を眺めようと思いましたが、火山灰が降ったり舞ったり…、あわてて車へ戻り桜島の中へ。
e0145589_00223820.jpg
黒神埋没鳥居は、大正3年の大噴火で噴出した大量の火山灰や軽石に埋め尽くされ、たった1日で3メートルあった鳥居が約1メートルを地上に見せるのみに。
e0145589_00224778.jpg
烏島展望所
ここはもともと海に浮かぶ島でしたが、大正大噴火の溶岩が海を埋め立て烏島を飲み込みました。
100年以上前は島だった場所です。
e0145589_00230642.jpg
湯之平展望所
標高373メートル、桜島で一般の人が入れる最高地点。
目の前に迫る山肌は迫力満点!
e0145589_00231949.jpg
「カフェしらはま」でランチ
農家が経営する海のそばのカフェで、オーガニック食材や地元の食材にこだわった体に優しいランチでした。
地元の情報番組によく出ていて気になっていました。なんと前日にはガイアの夜明けの撮影があったそうです。
サービスで頂いた桜島名産の枇杷が甘くて絶品でした。
e0145589_00234036.jpg
フェリーで桜島をあとに。
この日の朝爆発的噴火があり火山灰まみれの桜島でした。これもいい思い出…⁈

e0145589_23285979.jpg
鹿児島を代表する観光地・名勝 仙巌園(せんがんえん)
1658年に造園された薩摩藩主島津氏の別邸跡
e0145589_00241311.jpg
桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた雄大な景色が最大の魅力。大好きな景色です。
e0145589_00243201.jpg
仙巌園5haの敷地にある江南竹林は、日本の孟宗竹のはじまり。
e0145589_00245493.jpg
ツワブキの葉に火山灰が積もってました。
e0145589_00251209.jpg
仙巌園の前にある異人館(旧鹿児島紡績所技師館)は、日本初の洋式紡績工場の建設と操業指導のために薩摩藩から招かれた英国人技師逹が暮らした洋館は、世界遺産です。

2日間鹿児島を案内しました。又是非鹿児島へ来て頂きたいです。
この後ご夫婦は、長崎へ行かれました。


by vivian_y | 2017-06-25 11:20 | おでかけ:鹿児島時代 | Comments(0)

鹿児島案内初日

先日、相方の友人夫婦が東京から遊びにいらっしゃいました。
ご夫婦とも初めての鹿児島、
初日は霧島観光へ。

10時40分鹿児島空港着
e0145589_23492685.jpg
空港から10分弱の嘉例川(かれいがわ)駅へ

JR肥薩線の駅で明治36年(1903)年1月15日に開業。開業以来の木造駅舎は国の登録文化財です。

e0145589_23500724.jpg
塩浸(しおびたし)温泉龍馬公園
坂本龍馬が妻・お龍さんを連れて、日本最初の新婚旅行で訪れた霧島で、もっとも逗留したとされる温泉
e0145589_23503038.jpg
緑と天降川(あもりがわ)がとてもきれいでした。
e0145589_23504705.jpg
丸尾滝
高さ23メートル、幅16メートルの豪壮華麗な滝は、近くの温泉水を集めて流れる珍しい湯の滝です。

お気に入りのお蕎麦屋さん、がまこう庵で昼食、
霧島からすぐなのに宮崎県、
美味しい蕎麦と初めての宮崎県に喜ばれていました。
e0145589_23493575.jpg
霧島神宮
建国神話の主人公である瓊々杵尊(ニニギノミコト)を祀っている霧島神宮は神話にも深く関わる神宮で、鹿児島県屈指のパワースポットで大好きなところ。
e0145589_23494341.jpg
高千穂河原
霧島神宮の古宮跡と鹿ケ原でミヤマキリシマを楽しみました。
ビジターセンターから、高千穂峰頂上の天の逆鉾が見えたような、
e0145589_23540452.jpg
ご近所さんのツツジ、
見頃でとてもきれいでした。
e0145589_23542470.jpg
霧島の家に到着。
温泉にゆっくり浸かって頂き、鹿児島の食材でおもてなししました。
お客様のリクエストでモーツァルトを大音量、高千穂峰を眺めながら楽しい晩餐でした。

by vivian_y | 2017-06-22 18:00 | おでかけ:鹿児島時代 | Comments(0)

和気公園 藤まつり

GW、和気公園の藤まつりに行ってきました。
一昨年行った時は四分咲きでしたが、

e0145589_23391337.jpg
今年は満開。
e0145589_23363170.jpg
藤のカーテン
e0145589_23353182.jpg
紫、白、ピンクの藤がきれいできれいで…
e0145589_23354882.jpg
藤の甘〜い香りに癒されました。


e0145589_23370738.jpg
和気神社でお参り
e0145589_23452973.jpg
見開きのご朱印、頂きました。

by vivian_y | 2017-05-07 23:34 | おでかけ:鹿児島時代 | Comments(0)
2月というのに上着もいらないポカポカ陽気、
霧島の家から30分、宮崎県都城へドライブ
e0145589_21414706.jpg
焼酎売上日本一の霧島酒造の霧島ファクトリーガーデンへ行きました。
霧島裂罅水という焼酎作りの水の汲み場があり、たくさんの人が水汲みに来ていました。容器がなく汲んで帰れず残念。珈琲にあいそうな水、容器持って近日中にリベンジしよ。
e0145589_21420981.jpg
霧島焼酎神社があったり
e0145589_21423254.jpg
広い庭を散策したり、楽しいスポットでした。
e0145589_21424997.jpg
焼酎霧島の工場
e0145589_21551170.jpg
芋焼酎の「黒霧島」や「赤霧島」は有名ですが、「霧島」は都城でしか購入できないとのこと。
e0145589_21430711.jpg
薪ストーブの中で焼いた宮崎の地鶏っこと焼酎の夕飯、美味しいー。
都城を堪能しました。

by vivian_y | 2017-02-08 21:41 | おでかけ:鹿児島時代 | Comments(0)

東霧島神社

天孫降臨の地・霧島にはパワースポットがいくつもあります。
霧島神宮 →
霧島東神社 →
先日、宮崎県都城市の東霧島(つまきりしま)神社へ行ってきました。
e0145589_23240297.jpg
鳥居の前で赤鬼さんがお出迎え。
e0145589_23243466.jpg
鳥居をくぐって拝殿へ向かいました。
この急で長い「赤鬼階段」を登ります。
振り向かずに登ると願いが叶うと言われていることから、「振り向かずの坂」とも呼ばれているそうです。
e0145589_23250729.jpg
最後の方はかなりの角度できつかった。
登れました。やったー!
e0145589_23254948.jpg
楼門をくぐると本殿がありました。
本殿に祀られていたお神輿、
寛永2年(1636年)に島津家久が建立奉納したものと伝えられています。
e0145589_21214337.jpg
楼門の横に樹齢400年の大杉がありました。
枝に龍神様が見えました。神秘的。
e0145589_23262585.jpg
帰りは坂を下りました。
下ったところにある「神石」。
イザナギノミコトがイザナミノミコトを失った悲しさから流した涙が固まったものと言われています。
e0145589_23270743.jpg
そして、イザナギノミコトが腰につけていた十握の剣(とつかのつるき)で悲しみの涙で凝り固まった石を今後再びこのような悲しいことがおこらないよう、深き祈りをこめて切ったと言われています。
ものの見事に切れています。神秘的。
e0145589_23120960.jpg
御神木の大杉。
東霧島神社でいっぱいパワーを頂きました。

by vivian_y | 2017-01-31 23:23 | おでかけ:鹿児島時代 | Comments(0)

M's Garden

先日霧島の家から都城方面へドライブ
e0145589_10542779.jpg
30分走ったところで面白い光景、
モアイ像みたい。
e0145589_10560597.jpg
南米原産、アメリカデイゴの木。
別名、かいこうず。
冬には枝を落とすのでこんな姿になっているそう。
夏には真っ赤な花を咲かせるそうです。
エムズガーデンの駐車場での光景!
e0145589_10545683.jpg
エムズガーデンは、都城酒造経営のステーショナリーのセレクトショップにドトールコーヒー、音楽ホールそしてレストランのある施設でした。
e0145589_10551131.jpg
緑とたくさんの本に囲まれたレストラン「WORK & FIKA」。
一汁六菜をテーマの定食は、豊富な種類のドリンクバーとサラダバー、スィーツに満足。
美味しいランチ、見つけました。
e0145589_10553456.jpg
霧島の家から見える高千穂峰の裏側が見えました。

by vivian_y | 2017-01-17 22:54 | おでかけ:鹿児島時代 | Comments(0)

吾平山陵

千本イチョウ園から1時間弱、鹿屋市の吾平山陵(あいらさんりょう)へ。
正式名称は、吾平山上陵(あいらのやまのうえのみささぎ)。
全国でも珍しい岩屋の陵(塚墓)で、神武天皇の御父君と御母君の御陵です。
e0145589_13594947.jpg
500メートルほど続く参道は、紅葉が見頃。
e0145589_14000869.jpg
川のせせらぎを聞きながら歩きました。
きれいな川にはまっ白い鯉が。
e0145589_14002325.jpg
真っ赤な紅葉が美しい〜。
e0145589_13590310.jpg
山陵にとうちゃこ。
神秘的。
e0145589_13592534.jpg
ズーム。

とても癒やされました。
春は桜の名所だそうです。
夏は森林浴もできそう。
とてもとても素敵なところでした。



by vivian_y | 2016-12-07 22:41 | おでかけ:鹿児島時代 | Comments(0)

垂水 千本イチョウ園

桜島から垂水の千本イチョウ園へ。

千本のイチョウが植えられていて、あたり一面黄金色に染まる景色は「映画のワンシーンの様」と言われている名所。
e0145589_12451892.jpg
とても楽しみにしていましたが、夏の台風で葉が落ちている部分が多く、ちょっと寂しい感じ。
残念…。
e0145589_12460051.jpg
でもきれいな場所もありました。
e0145589_12463826.jpg
面白い看板がありました。
世間自然遺産・僕立公園
ですって。
e0145589_12470401.jpg
この千本イチョウ園は、私有地なんです。
鹿児島に帰郷されたご夫婦が先代から受け継いだ荒れ果てた山をお二人で開墾。30年の時を経て名所となったそうです。
e0145589_12472617.jpg
駐車場にあった写真をパチリ。
ホント映画のワンシーンの様、
来年は台風の被害がなかったらいいな。

by vivian_y | 2016-12-06 23:44 | おでかけ:鹿児島時代 | Comments(0)

桜島一周

福岡のお客様ご夫婦と大隅半島へ
e0145589_12370599.jpg
垂水の道の駅で休憩。
全長60メートルの足湯に浸かりながら
e0145589_12371837.jpg
雄大な桜島を眺めていたら、急遽桜島一周することに。
桜島一周初めて!
e0145589_12381243.jpg
黒神埋没鳥居
大正3年の大噴火で噴出した大量の火山灰や軽石に埋め尽くされ、3メートルあった鳥居がこんな姿に。
e0145589_12384107.jpg
桜島を一番近くに見れる湯之平展望所。
一般の人が入れる最高地点では、遠くからは見えない荒々しい山肌が見えました。
e0145589_12391153.jpg
湯之平展望所でハートの石みーつけた。


by vivian_y | 2016-12-05 21:58 | おでかけ:鹿児島時代 | Comments(0)

みかん狩り

親戚に誘われ、みかん狩りに行ってきました。
e0145589_18300594.jpg
実家から車で10分、みかん山があるなんて知らなかった…
e0145589_18302388.jpg
みかんがたわわ、
たわわ
e0145589_18303855.jpg
小さいみかんが皮が薄く、甘いことを知りました。
e0145589_18310285.jpg
これは、名産サワーポメロ。
食べ頃は、まだです。

by vivian_y | 2016-11-09 21:53 | おでかけ:鹿児島時代 | Comments(0)