福岡・仙台・東京を経て、2013年8月より故郷鹿児島暮らし。ビビッときたことを記録します。


by vivian_y

<   2013年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

藺牟田池

薩摩川内市祁答院町(さつませんだいしけどういんちょう)にある藺牟田池(いむたいけ)へ、ドライブへ行きました。
藺牟田池は、火口湖で周囲を標高450m~500m前後の6つの山に囲まれています。
e0145589_2371615.jpg
藺牟田池の西側の3分の1は湿原化していて、いくつもの浮島が見られます。この浮島は、国の天然記念物で、「泥炭形成植物群落」として指定されているそう。
周りに温泉もあり、温泉でのんびり過ごしました。
e0145589_2371652.jpg
展望台から見た池の反対側も絶景!
e0145589_2371651.jpg

by vivian_y | 2013-08-31 23:07 | おでかけ:鹿児島時代 | Comments(0)

神秘的

夕方、雲から洩れる太陽の光が神秘的で思わず撮影。
e0145589_2146613.jpg

by vivian_y | 2013-08-30 23:19 | 癒される… | Comments(0)

長島美術館

長島美術館へ行って来ました。
e0145589_2113063.jpg
桜島と鹿児島市街地を一望できる丘の上にあります。ここから見る桜島が一番好き!
この日は少し霞んでいましたが…。
e0145589_211303.jpg
目の前で桜島から噴煙が上がりました。
北東の風だったので薩摩半島の方には灰がきませんでした。
e0145589_2113049.jpg



長島美術館は6つに分かれていて、
第一展示室は、黒田清輝など鹿児島出身の作家を中心にした絵画が展示されています。
第二展示室は、ピカソ、シャガールなど海外作家の絵画や彫刻。
ピカソの10代から晩年までの作品が並んでいました。見ごたえあり。
第三展示室は、近代彫刻家・マイヨールの彫刻。
第四展示室は、新大陸の出土品や装身具など。
第五展示室は、薩摩焼の白薩摩、
第六展示室は、黒薩摩、
と薩摩焼が分かれて展示されています。
焼き物が好きになってから初めての訪問。興味深く、楽しく観賞できました。


鑑賞のあとは併設のフレンチレストランで、桜島眺めながらのんびり。
鹿児島名物「白熊」を食べました。喫茶店で食べる白熊より上品な味でした。
e0145589_2113077.jpg

by vivian_y | 2013-08-29 22:22 | おでかけ:鹿児島時代 | Comments(0)

おうち野菜

家の隣に小さな菜園があります。
私たちが一緒に暮らすにあたって、母が準備してくれました。母も初めてでいろんな人に相談しながら耕していました。
収穫の一部。
e0145589_215314100.jpg
ナスは2種類。
e0145589_21531459.jpg
トマトとオクラでサラダを作りました。採ったばかりで新鮮。
e0145589_21531451.jpg
でもこの猛暑で全滅…。

リベンジします。
by vivian_y | 2013-08-27 21:53 | etc. | Comments(0)

かごっまふるさと屋台村

昨年4月openした、「かごっまふるさと屋台村」へ行って来ました。
e0145589_22174417.jpg

鹿児島の郷土料理が食べられる屋台が25軒、軒を連ねています。
e0145589_22174450.jpg
どこのお店も活気があって、楽しそう。
特に元気だった「カゴシマエンジン」へ。
e0145589_22174481.jpg
がんこ鶏の刺身や、
e0145589_22174485.jpg
ももの炭火焼…、柔らかくてジューシーで美味しい!
e0145589_22174461.jpg
10年ぶりに会う会社の先輩と相方と芋焼酎で盛り上がりました。タノシカッタ!

鹿児島中央駅からすぐでした。
e0145589_22174495.jpg

by vivian_y | 2013-08-26 22:17 | 鹿児島・グルメ | Comments(0)
霧島アートの森の近くで見つけた看板…、
森の中をUターンして路肩に駐車して着いたところは、
e0145589_2314048.jpg
オーナー手作りのログハウス「ギャラリー&カフェ 菩提樹」、石釜ピザが食べられるカフェでした。
テラス席は心地よい風が吹いて、気持ちいい~。
e0145589_2314032.jpg
ハンモックで寛ぎたいのに、悪戦苦闘している相方。
e0145589_2314031.jpg
石釜も手作り。
e0145589_2314065.jpg
ピザとナンを石釜へ。楽しみ!
e0145589_2314054.jpg
もちもち生地のおまかせピザは、1,100円。
e0145589_2314087.jpg
1日限定10セットの菩提樹セットは、自家製生地のナン、スパイスから作ったカレー、ターメリックライス、野菜サラダ、ドリンク付きで1,500円。石釜から出てきたばかりのナンは絶品でした。
e0145589_2314060.jpg
森の中で食べるピザは格別でした。
by vivian_y | 2013-08-24 23:18 | 鹿児島・グルメ | Comments(0)

霧島アートの森:その2

霧島連山の北に位置する自然に囲まれた野外美術館「霧島アートの森」の、魅力ある現代アートの一部を紹介します。

西川勝人「ほおずき・コブシの森」
e0145589_22465157.jpg
植松圭二「浮くかたち-赤」
e0145589_22465161.jpg
藤浩志「犬と散歩」
e0145589_22465181.jpg
チェ・ジョンファ「あなたこそアート」
額縁の前でポーズをとってしまいました。
e0145589_22465142.jpg
ダン・グレアム「反射ガラスとカーブした垣根の不完全な平行四辺形」
自然もアート!
e0145589_2246514.jpg
竹道久「ひだまり」
e0145589_22465137.jpg
ダニ・カラヴァン「ベレシート(初めに)」
中に入ってみると…、
e0145589_22465110.jpg
暗いトンネルの先には…、
e0145589_22465183.jpg
この眺め!
e0145589_2246519.jpg
作品の中からみる霧島連山の眺めは圧巻。
e0145589_2371416.jpg


10年?ぶりに訪れたアートの森でしたが、青い空と自然の中で見る現代アートは最高でした。
入園料はなんと300円!又行きます~、涼しくなってから…。
by vivian_y | 2013-08-21 22:46 | おでかけ:鹿児島時代 | Comments(0)

霧島アートの森:その1

先日、「霧島アートの森」へ行って来ました。この帰りに桜島の噴火に遭遇しました。
鹿児島県湧水町の栗野岳麓の標高約700メートルの高原に位置する鹿児島県立の野外美術館です。栗野岳からの眺め。
e0145589_03822.jpg
入口には草間弥生さんの「シャングリラの華」がお出迎え。
草間さんは今年の日テレ24時間テレビのTシャツを嵐の大野君とコラボしてデザインされたお方。
アートホールには、草間さんデザインの「赤い靴」が。ポップでかわいい!
屋内展示では、日本屈指の現代美術のコレクターとして知られている精神科医・高橋龍太郎氏の選りすぐりの作品が展示されていました。
草間さんの「ハーイ、コンニチハ!やよいちゃん」のみ、写真撮影OKでした。
横尾忠則さん、荒木経推さん、村上隆さん…、の現代アートはどれも魅力的でした。
e0145589_03850.jpg
野外広場に立つジョナサン・ボロフスキーの「男と女」。遠くに噴火前の桜島が見えます。
e0145589_03820.jpg

屋外広場には、まだまだ個性的で楽しい作品が展示されています。
その2に続く…。
by vivian_y | 2013-08-20 23:03 | おでかけ:鹿児島時代 | Comments(0)

500回目の爆発

高速を走行中、助手席で相方が桜島を撮していたら、
e0145589_2223758.jpg
えっ!爆発?!
e0145589_2223717.jpg
噴煙がどんどん高くなりました。
e0145589_2223716.jpg
キノコ雲みたい…。
e0145589_2223744.jpg
青空がどんどん、
e0145589_2223761.jpg
灰まみれになりました。
e0145589_2223734.jpg
今年500回目の爆発は、観測史上最も高い噴煙、火口から5000m。
鹿児島市内は降灰で真っ暗に。40キロ離れた我が家も、灰が降って大変。明日は大掃除だわ。
by vivian_y | 2013-08-18 22:02 | etc. | Comments(2)

起き上がり小法師

「起き上がり小法師」は会津地方に古くから伝わる縁起物。
e0145589_22301710.jpg
赤ちゃんをかたどっっています。いろんな顔がかわいいんです。
何度倒しても起き上がることから、「七転八起」の縁起物として知られています。

「家族や財産がふえるように」と家族の人数より1つ多く買って飾ります。
今までは3つ飾っていましたが、今回両親と同居することになったので、4月会津に行った時に2つ買い足しました。
家族の人数+1の5つを飾っています。
無病息災・家内安全を祈念して…。
by vivian_y | 2013-08-17 23:21 | 癒される… | Comments(0)