福岡・仙台・東京を経て、2013年8月より故郷鹿児島暮らし。ビビッときたことを記録します。


by vivian_y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

山形~秋田の旅 No.2

秋田県福浦の十六羅漢岩へ。
e0145589_22101883.jpg

吹浦海禅寺21代寛海和尚が、日本海の荒波で命を失った漁師諸霊の供養と海上安全を願って1864年造佛を発願し、地元の石工たちを指揮、5年の年月をかけて明治元年22体の磨崖仏を完工したと言われる羅漢。
16の羅漢に釈迦牟尼、文殊、普賢の両菩薩、観音、舎利仏、目蓮の三像を合わせて22体。
一生懸命数えましたが、22体は見つけられませんでした。
e0145589_22125068.jpg


次は、山形県鶴岡市羽黒町の出羽三山。
出羽三山は、月山、羽黒山、湯殿山の総称で、古くから山岳修業の山と知られています。
e0145589_22224517.jpg


山頂に建つ三神合祭殿は、月山、羽黒山、湯殿山を祀る豪壮な建物。
昔から月山と湯殿山は冬季期間積雪のため参拝できないことから三神を祀るようになったと言われています。
隋神門から始まる表参道は、全長約1.7キロ、2446段の長い階段を上りますが、車で山頂へ。
e0145589_22231890.jpg

高さ約2.1mもの茅葺屋根あ東北一のスケール。大きい!!

月山は、まだ冬季期間中(??)で車で入山できず。
6月末より通行できます。

最後は、湯殿山。
赤い大鳥居の駐車場より専用バスで5分で湯殿山神社へ到着。
e0145589_22495810.jpg

湯殿山は三山の中でも神秘の山。
神域では撮影禁止。
まず500円の参拝料を払い、御払いを受けました。
御払場では、御守りと小さな神の人形(ひとがた)を受け取り、わが身の穢れを人形に移し、最後に息を吹きかけ、足元を流れる渓流に流します。
その後裸足になり、御参りします。
ご神体は、茶褐色の巨大な岩。
もうなんとも言えない…。感動!
伊勢神宮も出雲大社も宮崎高千穂の天岩戸神社もよかったけど、ここは別格!
俗界とは切り離された神秘的な奥の院は、私の東北一お勧めスポットになりました。

新緑と残雪のコントラストは素晴らしい!
e0145589_2333542.jpg


昼食は、山形県西川町の山菜料理専門店「出羽屋」へ。
e0145589_2362570.jpg

月山山菜そばは、鍋で煮立った山菜汁をとりわけ山形そばをつけて頂きます。絶品!
e0145589_2364553.jpg


最後は、寒河江(さがえ)の道の駅へ。
ここのアイスはメディアでよくとりあげられる人気の品。
夏は行列ができるそう。
e0145589_2319457.jpg

寒河江名産のサクランボをはじめ、苺、ブルーベリー、わさび…いろんな味がありましたが、私は山形米はえぬきとふきのとう味噌のアイスに。
米粒の入ったアイスは不思議な味!
ほのかにふきのとうの味がしてなかなか美味でした。

充実の楽しい二日間でした。
by vivian_y | 2010-05-23 22:04 | 旅行 | Comments(0)