福岡・仙台・東京を経て、2013年8月より故郷鹿児島暮らし。ビビッときたことを記録します。


by vivian_y

<   2009年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

はらこめし

e0145589_2294659.jpg
宮城県亘理町(わたりちょう)の郷土料理「はらこめし」。鮭の旬の秋に食べられます。
鮭の煮汁でしっかり味をつけたご飯に、塩味で煮た鮭の切り身とはらこ(いくら)をのせたもの。
三越で亘理町の人気店「あら浜」のはらこめしが限定販売されていました。
新鮮ないくらと煮汁で味をつけたご飯がすごーく美味しかった。
亘理町まで食べに行きたいな。
by vivian_y | 2009-09-30 22:09 | 仙台・近郊グルメ | Comments(0)

冬季限定「霜ばしら」

e0145589_22502510.jpg

仙台の冬季限定銘菓「久重本舗 玉澤」の「霜ばしら」
美味しいと教えてもらってから、10月1日の発売日をカレンダーに書き、カウントダウンしながら楽しみに待っていました。
今日から始まった仙台三越の秋のフードフェスタで先行発売されると知り、早速買いに行きました。




e0145589_22502541.jpg
冬らしい水色と白い缶に入ったお菓子。
缶の上蓋、中蓋をあけると、まるで銀世界!粉雪のような真っ白い粉・らくがん粉が入っていました。霜ばしらを保護するために入っている粉で、粉も食べられます。
上蓋にらくがん粉を移すと、真珠色の飴「霜ばしら」が顔をだしました。美しい~!
繊細なお菓子なので、指先でつまみ静かに引き出します。
口に入れると綿飴のような甘さ、そして一瞬で溶けました。
粉雪みたい。

日々の天候を見ながら晩秋から早春の間中作られ、本格的な春の訪れとともに終了する霜ばしらは、10月~翌年4月までの発売。

“冬だけ逢える やさしいくちどけ”
by vivian_y | 2009-09-29 22:50 | 仙台・近郊グルメ | Comments(0)

1Q84を読んで、

e0145589_22105493.jpg村上春樹さんの大ベストセラー「1Q84」。
今は書店に普通に並んでるけど、発売当時は売り切れ続出ですごかった。福岡でゲットできた時は大喜びしてしまいました。
引っ越しの準備中だったり、買えたことに満足してすぐは読みませんでしたが、今月ようやく読みました。
面白い、すごく面白い。
主人公は30歳独身の女性「青豆」と男性「天吾」。
二人の物語が交互に描かれています。
何だか不思議な世界だけど、すっかりはまってしまいました。
2巻で1000ページの長編だし、ちょっと難しく読み返したりして読み終わるのに2週間強もかかってしまいました。
読み始めたらやめられない、止まらない。
続きが気になりとにかく読みたくて、時間があるとずっと読んでました。外出先には常に持参。待ち時間が少しでもあれば読む。
頭の中はずっと1Q84。
BOOK2を読み終わり、切なくなりました。悲しいお話。でも何か物足りない。
なんと2巻完結と思っていましたが、3巻が来夏出版予定。待ち遠しいよぉ。
今相方が読んでいますが、寝る間も惜しいみたいに読んでいます。もし映画化されたらこの役は誰がいいとか話し合ったり楽しい。
攻略本がでていたので、買わなくては。
しばらくは1Q84モードです。
by vivian_y | 2009-09-28 22:10 | | Comments(0)
e0145589_1336494.jpgミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントを観戦しました。
宮里藍ちゃんが東北高校3年の時、優勝した大会です。

最終組は、横峯さくら・上田桃子・有村智恵、人気の九州3人娘が優勝争いで、ギャラリーいっぱい!
後半は最終組について回ったけど、人の多さにびっくり!
3人とも小さいのによく飛ぶ飛ぶ!
体が柔らかいというか、バネがすごい。感激!

e0145589_1336459.jpg
優勝は東北高校出身の有村智恵選手。第二のふるさとで優勝できて嬉しいと泣きっぱなしでかわいかった。私ももらい泣きしました。






e0145589_1336486.jpg
お昼ご飯は、会場で山形名物芋煮うどんを食べました。
美味しかった!
by vivian_y | 2009-09-27 22:36 | 祭り・イベント | Comments(0)

手作りピザ

e0145589_12213864.jpge0145589_12213829.jpg
最近休みの日は、ピザを焼いてます。
お決まりのマルゲリータに、冷蔵庫の残り物でキノコとホタテのピザ。

手作りピザは美味しい!
by vivian_y | 2009-09-26 12:21 | ウチゴハン | Comments(0)

オリジナル牛タン十選

e0145589_081380.jpg
姉と最後の食事は、仙台ロイヤルパークホテルへ。

ホテル内のレストランではオリジナル牛タン十選というメニューがありました。
牛タンタン麺、牛タンカツバーガー、牛タンステーキ…どれも美味しそう~!悩む~!

牛タングリルピラフに決定!
e0145589_081333.jpg
グリルされた牛タンの香ばしさと玉ねぎソースを絡めたピラフとの相性は抜群。美味しい〜!
4枚の牛タンは4種類の塩で頂きました。
量も程良く満足。


4日間楽しかった!又遊びに来てね。
by vivian_y | 2009-09-24 22:08 | 仙台・近郊グルメ | Comments(0)

そば街道

山寺の帰り、そば街道で昼食。

「そば処、やまがた」。
山形県内にはそば街道と名のつく場所が3つあります。
最上川三難所そば街道の一つ、「あいかも会館」へ行きました。

築300年の古民家を復元したあいがも料理と温泉の宿。
お勧めの「鴨つけめんそば」を注文しました。鍋に入った熱い鴨汁と、冷たいたれにそばをつけ、2種類の味が楽しめました。
そば打ち歴25年の女将が丹精込めて打ったそばは絶品。

相方は食後、温泉へ。
プラス200円でタオルのサービスも。湯量が多く満足していました。

e0145589_2324415.jpge0145589_2324499.jpge0145589_2324498.jpg









e0145589_2324486.jpg

日本一のそば畑。そばの花満開できれい!
by vivian_y | 2009-09-23 23:02 | おでかけ:仙台時代 | Comments(0)

山寺

今日は雨の中、山形県の山寺へ。
自宅から一般道で1時間半ぐらいで着きました。

山全体が霊山の山寺は、正式名称は宝珠山立石寺(ほうじゅさんりっしゃくじ)。

e0145589_22341347.jpg
参道入り口でまず最初に出迎えてくれたのが、招福布袋尊(なで布袋)。好きなところをなでてお願いします。手垢でお腹が黒光り。お腹をなでる人が多いのかしら。





e0145589_22341319.jpg
中間地点の香の岩。みんな傘さしてひたすら登ります。疲れる。
でも子供もおじいちゃん、おばあちゃんも登ってる。頑張ろう!




e0145589_22341352.jpg

ようやく奥の院に到着。1115段。
疲れましたぁ。






e0145589_22341327.jpg

紅葉が少し始まっていました。




e0145589_22341350.jpg

開山堂。晴れの日は絶景が広がる山寺随一の展望台。
雨なりに風情があり疲れを癒してくれました。



2度目の山寺は、疲れるけど東北で一番好きなスポット。
家族や友達が遊びにくる度に案内したい。
by vivian_y | 2009-09-23 22:34 | おでかけ:仙台時代 | Comments(0)

平泉その2

e0145589_21514710.jpge0145589_21514794.jpg中尊寺から車で5分で毛越寺(もうつうじ)へ到着。
広大な境内には、かつて金堂円隆寺をはじめ嘉祥寺・講堂・常行堂・経楼・南大門などの堂舎が立ち並び、その前庭に大泉が池を中心とする浄土庭園が配されていたそう。

度重なる災禍で全ての建物は消失してしまいましたが、境内中央に広がる浄土庭園は美しい~。


e0145589_21514787.jpg
毛越寺から5分で達谷窟(たっこくのいわや)毘沙門堂。坂上田村麻呂が清水寺を模した舞台造のお堂。岩肌に作ったお堂には感動します。108体の毘沙門天が祭られています。


e0145589_21514750.jpg
大岩壁に刻まれた磨崖佛は、高さ16.5m、顔の長さ3.6m、耳は2.6m、口の大きさ1.3mで全国で五指に入る大像。岩面大佛と呼ばれています。迫力満点。
平泉で一番好きな場所です。



e0145589_21514785.jpg
5分ぐらいで厳美渓へ。磐井川の急流に沿って切り立つ岩肌が続く厳美渓は絶景。


e0145589_21584344.jpge0145589_21585778.jpg
空飛ぶ団子の愛称のかっこうだんごはケーブルで団子とお茶が降りて来ます。
赤い旗は売り切れの印。残念。売店でかっこうだんごを買いました。

1日平泉を満喫しました。
by vivian_y | 2009-09-22 23:51 | おでかけ:仙台時代 | Comments(0)

平泉その1

姉と相方と岩手県平泉へ。
自宅から東北道で2時間弱。

平安時代末期の約一世紀にわたり、奥州藤原四代によって築かれた平泉は、金をはじめ膨大な財力に支えられた東日本最大の都だったらしいです。

中尊寺は、境内に弁慶堂や金色堂…3000点以上の国宝や重要文化財が所蔵されています。
2時間ぐらいかけ広い境内をまわりました。

e0145589_2273770.jpg金色堂は覆堂(おおいどう)で保護されています。
黄金色に輝く阿弥陀堂内には、藤原三代の遺体と首級を納めた須弥壇や33体の仏像が安置されています。金色の輝きには感動。


e0145589_2273729.jpg
緑いっぱいの境内。紅葉の季節に又来たいなあ。






e0145589_2273775.jpg
峯薬師堂は目を守ってくれます。目の絵馬が面白い。




e0145589_2273737.jpg
高館・義経堂は、源義経が自害に追い込まれた地。堂内には勇ましい義経の木像が安置されていました。
松尾芭蕉が高館に立ち、詠んだ名句。
「夏草や 兵共が 夢の跡」。
(つわものどもが夢の跡)
アン・ルイスを思い出す~♪

e0145589_2273726.jpg
平泉駅前の泉屋で平泉名物泉そばを食べました。義経にまつわるといわれるそば料理です。
そばの刺身やそば菓子…珍しく美味でした。
by vivian_y | 2009-09-22 22:07 | おでかけ:仙台時代 | Comments(0)